ロシア情報機関内に確執 欧米派vs.アジア・中東派

2000年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 旧ソ連国家保安委員会(KGB)出身のプーチン大統領の下でロシア対外情報局は復権を図ろうとしているが、その内部で欧米派とアジア・中東派の静かな確執が生じているという。 プーチン大統領はことし五月、対外情報局の長官を、ビチェスラフ・トゥルブニコフ氏からセルゲイ・レベジェフ氏に交代させた。トゥルブニコフ氏は、中東や日本に強いプリマコフ元長官の側近でインドの専門家。新長官のレベジェフ氏は、プーチン大統領と同様、一九八〇年代にドイツで諜報活動に従事した経歴の持ち主で、対外情報局の米国代表から抜擢された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top