繁栄を謳歌する米国の死角

名越健郎
執筆者:名越健郎 2000年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

冷戦後の軍事的優位、史上最長の好景気――。繁栄を極める米国で静かに「レーガン回顧現象」が広がっている。勃然と起こったレーガン時代への追憶には、米国社会が抱き始めた未来への漠然とした不安が覗く。[ワシントン発]アメリカの戦後史の命運を決する分岐点になった場所があるとすれば、テキサス州ダラスのデーリー広場と首都ワシントンのワシントン・ヒルトン・ホテルが挙げられよう。前者は一九六三年十一月二十二日のケネディ大統領暗殺現場、後者は八一年三月三十日のレーガン大統領銃撃現場である。二つの現職大統領狙撃事件は、その後の米国の政治・経済・社会の趨勢に重大な影響を与えた。 ケネディがオープンカーでパレード中に撃たれたダラスのデーリー広場は、文化財史跡に指定され、当時の現場がそのまま保存されている。単独犯とされたリー・オズワルドが発砲したといわれる教科書ビル六階は博物館になり、事件当日の状況をビデオや写真で展示。デーリー広場は聖地となり、巡礼の米国人が今も後を絶たない。 広場で暗殺事件の謎をめぐり毎日辻説法を続ける地元の歴史家ドン・ミラー氏は、観光客に暗殺事件の陰謀説を展開している。「前方右の駐車場の垣根に二人、後方のビル二階に二人、計四人のガンマンがいた。四発が発射され、三発が大統領とコナリー知事に命中した。オズワルドは囮にすぎない」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順