ナップスターという「悪魔」

執筆者:杜耕次 2000年8月号
エリア: 北米

知的所有権の盲点を突いた「ドット-コミュニズム」の先兵「『ナップスター』や『グヌーテラ』は悪魔の集団であり、コミュニストやハイジャック犯にも等しい」 七月二十四日、米調査会社ジュピター・コミュニケーションズが主催するオンライン音楽のビジネスフォーラム「プラグ・イン」で基調講演に立ったタイム・ワーナー社長のリチャード・パーソンズは、インターネットの世界で急速に普及する音楽交換ソフトの新興勢力を、こんな言葉で激しく罵った。 翌々日の二十六日。北カリフォルニア連邦地裁は、ワーナー・ミュージックのほか、ソニー・ミュージックエンタテインメント、EMIなど世界の大手音楽会社が加盟する全米レコード協会(RIAA)が起こした訴訟で、ナップスター社(カリフォルニア州サンマテオ)に著作権付きの楽曲をサービスから削除するように求める、事実上の業務停止の仮処分命令を下した。 同地裁のマリリン・ハル・パテル判事はこの日の法廷で、「ナップスターは“化け物”をつくった」と被告を非難。原告による仮処分申請から一カ月余りという異例のスピードで判断を下した。「手に負えなくなる前に、芽のうちに摘み取らなければならない」というRIAA側の主張を全面的に受け入れた決定だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順