早稲田大学雄弁会

執筆者:斎藤貴男 2000年8月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

第一次森政権は四人のOBを擁する“雄弁会内閣”だった。過去にも数多くの政治家を生み出してきた名門サークル。そこは現実政治の縮図だった。 早稲田大学政治経済学部二年の島和英君は、福岡県の名門進学高校の出身である。成績優秀。生徒会長としてリーダーシップを発揮した経験もあり、将来は九州大学か京都大学を卒業して高級官僚を目指すつもりでいた。「ハッキリ言って世の中を舐めとった。エリート気取りで、他人を見下した態度を取っていたんだろうと思うんです。ところが、大学入試に滑ってしまった。偉そうにしていた分だけ、アイデンティティ・クライシス。次第に予備校にも行かなくなって、建設現場で働き始めたんですが……」 骨まで軋む肉体労働。熱い血潮の仲間たち。面倒見のよい現場主任には大人の男を感じ、特に憧れていた。 その主任が、ある時、上役に叱責された。バイトを甘やかすので工事の能率が落ちたという理由からだった。 酒に誘われた。申し訳なく、うなだれた島君に、主任はこう言った。「上の人間というのは現場を知らん。だが現実に、そんな奴らが社会を動かしとるんだ。島、お前は見所のある男だ。偉くなれ。そのためには大学に行け。一生懸命勉強しろ」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順