日本経済のモラトリアムは終わった

執筆者:小暮史章 2000年8月号
エリア: 日本

ゼロ金利政策が解除された。長期金利上昇からの緊急避難だったとはいえ、ゼロ金利は日本経済に資産効果というバネをもたらした。だが、今後政治と財政が規律を回復しなければ、待っているのはかつての英国同様の日本病という「悪魔のシナリオ」である。 勝負は宮沢喜一蔵相が予定通り軽井沢へ避暑に出かけた段階で、ついていたのかも知れない。人一倍、自尊心の強い宮沢蔵相は、執務室でゼロ金利政策解除の報を耳にすることだけは、我慢ならなかったのだろう。それにしても、速水優日銀総裁の老いの一徹は、思いもよらぬ芯の強さを秘めていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top