インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

米大統領選の裏で繰り広げられる“秘密工作”

春名幹男
執筆者:春名幹男 2000年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 ことし二月十九日、米サウスカロライナ州で行われた共和党大統領予備選挙は緊張感に包まれていた。 ジョン・マケイン上院議員はニューハンプシャー州で圧勝し、「マケイン現象」と呼ばれるほどの快進撃を続けていた。これに対して、本命のジョージ・W・ブッシュ・テキサス州知事が反撃、事前予想では両者はデッドヒートと伝えられていた。 だが、結果は全くの予想外だった。ブッシュ候補は五三%とマケイン候補に一一ポイントもの大差をつけて逆転勝利したのである。「戦いは始まったばかり」とマケイン氏は支持者離れを防ごうと必死に訴えた。だが、サウスカロライナ州が転機になって、マケイン陣営は崩れ、ブッシュ氏は翌月のスーパーテューズデーで勝利を確実にした。 サウスカロライナ州では四年前も、ボブ・ドール候補を苦しめたパット・ブキャナン候補が、主流派の裏工作で前進を阻まれた。もし、ブッシュ氏がここでも負けていたら、米政治は全く違った構図になっていただろう。 保守的な同州には、秘密工作がやりやすい土壌でもあるのだろうか。 サウスカロライナ州予備選最終盤の二月中旬、保守派とみられる選挙民に何万通もの封書が郵送された。レターの差出人は「キープ・イット・フライング」(掲揚の継続)という奇妙な名前の政治活動委員会(PAC)。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順