クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

ロシア「海底の死」「空中の死」

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2000年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 謎と百十八人の遺体を抱いてバレンツ海の底に沈んだロシア原潜「クルスク」について、やっと信じるに足る情報が出てきた。ノルウェー南西部のベルゲン港に入った米海軍の潜水艦「メンフィス」が、海中で二度、爆音を聞いたという。ペンタゴンが、その報告を公表した。 約二分の間隔をおき、二度目は最初のより大きい、明らかに大爆発だった。米潜の乗組員は「何か大変なことが起った」と、鳥肌が立ったそうだ。 音をキャッチしたソナー・テープもある。艦名は不詳だが、別に一隻の米潜も爆音を聞いた。専門家によれば魚雷の発射演習中に爆発が起き、それが火薬庫に引火したらしい。「クルスク」の前部は爆発によって吹っ飛び、防水隔壁を閉めるまでもなく浸水したのだろう。いまとなっては、艦体を内側からガンガン叩いて救いを求める音がしたという情報も少し怪しくなった。「メンフィス」は、事故の六日後ベルゲンに帰投して報告した。 ロシア海軍が演習すれば、米海軍の艦艇がピッタリと寄り添って一部始終を「見学」する。その逆もやっているはずである。 三十年前の話だが、ベトナム戦争中に私は南シナ海の米空母を取材したことがある。ペンタゴンが北爆(北ベトナム爆撃)の中止命令を出すと、三分後には米空母からの発進がピタリと熄み、一分後には素っ裸になった航空司令が、甲板のデッキチェアの上で日光浴を始めた。帝国海軍には想像もできない光景だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順