地域貿易協定へと走る世界

執筆者:ブルース・ストークス 2000年9月号
エリア: 北米

多国間自由貿易への熱気はさめ、今や潮流は地域・二国間協定へ急速に移ろうとしている。その底流には何があるのか。 マスコミは何ら関心を示さず、世界貿易に反対するNGOも問題視せず、十一月の米大統領選の争点にもなっていないが、多国間(multilateral)の自由貿易推進の波が急速な衰えを見せている。代わって世界各国の企業や通商担当者の関心を集めているのは、地域(regional)および二国間(bilateral)の自由貿易協定だ。 水が低きへ流れるように、市場自由化の動きは、世界的な自由貿易の構築よりも、短期間で目に見える結果を得やすい地域・二国間貿易交渉へと焦点を移していくばかりなのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top