饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(33)

エリゼ宮料理長が語る仏大統領夫人たちの素顔

西川恵
執筆者:西川恵 2000年9月号
カテゴリ: 国際

 世界の元首の料理人の中で、エリゼ宮(フランス大統領官邸)の料理長ジョエル・ノルマン氏は、仕えた歳月の長さでは五指に入るだろう。エリゼ宮に入って三十五年になる今年、「かまどから見た第五共和制」(原題)という本を上梓した。かまどとは、勿論、エリゼ宮の厨房のことである。 第五共和制は一九五八年からスタートしたフランスの新しい政治体制で、初代大統領はドゴール。ノルマン氏は六五年、二十一歳のとき、ある人の紹介でエリゼ宮の厨房に見習いで入り、腕を見込まれて料理次長に抜擢され、八四年、引退した先代の後を襲って料理長に就いた。ドゴール(故人)、ポンピドー(同)、ジスカールデスタン、ミッテラン(同)、そして現在のシラク。第五共和制下の五人の大統領全員に仕えている唯一の料理人である。 元首の料理人の立場で、体験記を書くことを許したエリゼ宮の鷹揚さにも感心するが、食をめぐる大統領たちのエピソードはさて置き、興味深かったのは歴代ファーストレディーたちのエリゼ宮の厨房への関与の仕方だった。 ドゴール大統領夫妻はエリゼ宮を住まいとしたが、三度の食事は料理長に任せっきりだった。まれに休日、イヴォンヌ夫人から「メニューは夫の好きなブイヤベースに」と注文が入るくらい。饗宴があると、夫人は著名なエスコフィエの料理ガイドブックを取り出し、これはというページを示し、給仕長がそれを料理長に伝達した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順