それでも残るユーゴの火種

執筆者:永田正敏 2000年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

コシュトニツァ大統領の指導力、コソボ、モンテネグロ。いずれも先行き不透明[ベオグラード発]「ご存じのように外交折衝に忙殺されてしまって……」。かつて六つの共和国から成る「ユーゴスラビア連邦」のトップとして君臨したチトー大統領が執務していたユーゴ連邦政府庁舎の大統領執務室で、ボイスラブ・コシュトニツァ新大統領(五六)はため息をついた。 コシュトニツァ氏の大統領就任後の十月十一日、私はアジアのメディアとして初の大統領単独会見に臨んだ。会見の二時間ほど前、ミロシェビッチ前大統領派のセルビア社会党や、ミリャナ・マルコビッチ前大統領夫人率いるユーゴスラビア左翼が依然として牛耳っているセルビア共和国政府が、コシュトニツァ大統領のセルビア民主野党連合との合意を覆して「共和国政府・議会は(社会党支配のまま)存続する。国営テレビは奪回する」との声明を出していた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top