インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

中国核スパイ事件の不可解な結末

春名幹男
執筆者:春名幹男 2000年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 アメリカ政界を揺るがした中国核スパイ事件は、「大山鳴動してネズミ一匹」の結果となった。疑惑の中心人物とされた台湾生まれのアメリカ人コンピューター技師、ウェンホー・リー被告(六〇)に対する起訴事実五十九件のうち、検察側が立証できたのは、一件の軽微な犯罪のみ。リー氏は九月に保釈された。日本のメディアも「中国系という理由だけで人種差別の生け贄にされた」とずさんな捜査による冤罪を非難する報道をした。 しかし、法的にはともかく、インテリジェンスの面から見ると、事件はミステリーや疑問だらけだ。 第一に、事件は、昨年第6号の本欄で指摘したように、中国人「ウォークイン」からの情報提供が端緒だった。中国がなぜ自ら手の内を明かしたのか、その意図はなお不明だ。 第二は、リー氏が一九八二年以来、米連邦捜査局(FBI)の捜査の対象となり、一時期はFBIへの情報協力者になっていたことだ。リー氏の行動はなお疑惑に包まれている。 第三は、事件を担当したニューメキシコ州アルバカーキ地区検事ジョン・ケリー氏は、クリントン大統領の学友で、リー氏を起訴した後、辞任し、民主党から下院議員選に出馬した。リー氏を起訴した裏には「政治的意図があった」と米保守派は疑っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順