クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

中国に何が起こるか

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2000年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 未来を語るのが専門のアルビン・トフラーを翻訳していて、感心したことがある。ビジネスのあり方が近未来にどう変わるか、さんざん預言した後で、彼はこう書いていた。「しかし未来の正確な予測は、本質的に不可能である。なぜなら未来には未来の言語があり、現在には現在の言語しかないからだ。現在の言語で未来を語ること自体が、実は矛盾なのである」 本誌「フォーサイト」が創刊十年を記念して出した別冊『次の10年に何が起こるか』は、その矛盾に挑戦した。二〇一〇年に世界と日本はどうなるか、八十問八十答でズバリ答え、その理由を述べている。「日本国憲法は改正されるか? YES70%」「アメリカ経済の一人勝ちは持続するか? YES20%」といった具合である。 それとは別に、中国の政治家も、しばしば未来について語る。いま切り抜きが見つからないが、李鵬前首相はたしか外遊中に「あと二十年もすれば、日本なんか存在するかどうか分らんよ」と放言したそうだ。 刺戟的な預言だが、トフラーの厳しい内省に照らして見ると、未来予測にしては言語が現在的すぎる。李鵬氏は単に現在の言葉で、いまの中国首脳部の日本観を語ったにすぎないと思う。預言より、むしろ悪態である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順