中国ノンバンク処理で無力だった邦銀

執筆者:津村貴大 2000年10月号
エリア: 中国・台湾 日本

翻弄される日本勢を尻目に、したたかに食い込んだ欧米系企業[香港発]債権放棄の嵐が吹き荒れている。といっても日本のゼネコンや百貨店の話ではない。舞台は中国。国際信託投資公司(ITIC)と呼ばれる中国のノンバンクが相次いで外国銀行に事実上の“借金踏み倒し”を宣言しているのだ。「債務の五割カットか、十年間の返済繰り延べか。どちらかの案にサインして欲しい」。八月末、香港のホテルに集まった百三十を超える外国銀行の代表者を前に、大手会計事務所のプライスウォーターハウス・クーパースの担当者はこう切り出した。同社は中国広州市傘下のノンバンク、広州国際信託投資公司の財務アドバイザー。この日、広州ITICの債務処理案が債権銀行に正式に提示されたのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順