インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

拉致日本人「一部帰国」を匂わす北朝鮮の謀略

春名幹男
執筆者:春名幹男 2000年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

「大変な騒ぎですよ。これでまた元に戻りましたね……夜も眠れません」 十月下旬、金沢の寺越友枝さんに北朝鮮から電話がかかった。受話器の向こうの声から落胆の様子がうかがえた。友枝さんにそう語ったのは、現在平壌で職業総同盟副委員長を務める息子の武志さん。武志さんは三十七年前、日本海で漁船に乗っていて行方不明になり、近年になって生存が確認された人だ。共同通信金沢支局はそんなニュースを伝えた。「大変な騒ぎ」というのは森喜朗首相がブレア英首相との会談で漏らした、日本人拉致疑惑をめぐる「第三国発見方式」問題のことだ。 武志さんは行方不明当時中学生。北朝鮮側の説明だと、漂流した船上で発見され、救助されたという話だった。二十年以上もたって生存が分かり、一時帰国する話になっていたはずだ。一緒に乗船していた親族は行方不明で、状況に不審な点もある。だが、武志さんは日本政府が「認定」した七件十人の拉致疑惑の被害者には含まれていない。電話の調子からすると、森発言のおかげで、武志さんの一時帰国の可能性が遠のいた、ということのようだ。 この問題で北朝鮮側のガードはそれほど堅い。つまり、一九七七年新潟市で行方不明になった横田めぐみさんや、八七年の大韓航空機爆破事件の金賢姫元死刑囚の「日本人化」教育係だった李恩恵こと田口八重子さんらは「はっきり、返さないということでしょう」と、国際情報筋は言う。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順