クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

北朝鮮の微笑に騙されるな

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2000年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 一同が平壌からアンカレジに出たところで、米国務省高官が同行記者団に例の英語教師を送ってくれという話について詳しく話したという。 午後の会談の席で、金正日は突然「この通訳の英語力はどうですか?」と尋ねた。下手に答えれば通訳に迷惑がかかる。オルブライト長官が答えかねていると、金正日は言った。「午前中の通訳は、ダメなので外しました。父・金日成とカーター元大統領の会見(六年前)を通訳した男ですが、そのあと勉強していないから役に立ちません」 それに続いて英語教師(複数)を派遣してもらえないかという話になり、金正日は「コリア系アメリカ人でも構いませんよ」と言ったそうだ。 弾道ミサイルの開発・輸出を止めるからウチ専用の人工衛星を打ち上げろという厚かましい話より、こっちの方がずっと面白い。金正日は、マスゲームを見せた競技場で「ロケット発射は一九九八年が最初で最後になるでしょう」と言ったというが、そんな「示唆」はアテにならない。英語教師の話は具体的で、嘘いつわりがない。 長らく一言も発しなかった男が、この三カ月ほどの間に江沢民と金大中とプーチンを総ナメにした。その間にシナ語やロシア語を教えてくれと頼んだとは聞かなかった。「将軍様」と全国民から崇められる男にも、英語コンプレックスはあるらしい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順