饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(35)

プーチン歓迎晩餐会が物語る「仏露の和解」

西川恵
執筆者:西川恵 2000年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ ロシア

 ロシアのプーチン大統領が十月二十九日から十一月一日まで、欧州連合(EU)との定期首脳会議のためパリを訪問した。EU・ロシア定期首脳会議は毎年、行われているが、今年の最大の焦点はEU議長国であるフランスのシラク大統領との顔合わせだった。 プーチン大統領は今年五月に就任したが、その前月には早々と訪英してブレア首相と会談し、六月にはイタリア、ドイツなどを歴訪し、積極的な対欧州外交を展開してきた。ただフランスだけは訪問せず、シラク大統領の招待を無視し続けた。チェチェン紛争でロシアの武力行使が人権侵害を引き起こしていると、フランス政府が欧州各国のなかでひときわ声高に非難していることへの意趣返しだった。 七月の九州・沖縄サミットでは、今度はシラク大統領がプーチン大統領の個別会談の申し出を断わった。サミット期間中、二人は握手をせず、饗宴ではグラスを合わすことも避けた。そんな両国にとって、定期首脳会議は互いに面子をつぶさずに、こじれた関係を解きほぐす格好の機会でもあった。 会談でシラク大統領は「武力行使はチェチェン紛争の解決につながらない」と持論を繰り返した。ロシア側も、EUとの共同宣言に「チェチェン紛争を政治的に解決することの必要性と緊急性で一致した」との文言を入れることに同意した。しかしそのあと行われた共同記者会見で、プーチン大統領は「政治的解決は探らねばならないが、テロリスト、原理主義者とは交渉しない」と述べ、ロシアの従来からの立場は不変であることを明らかにした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順