中流・中間層よ復活せよ

2000年12月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

 20世紀最後の年である今年も残すところあとわずかとなった。 閉塞感が増すばかりの政治、株価のさらなる下落への危惧、異様としか言いようがない犯罪の多発……。企業業績がいくら良くなったと言われても、個人レベルの収入は伸びず、日本人の多くが「大いなる不安」を抱えながら、21世紀の幕開けを迎えざるを得ない状況だ。第二次森改造内閣がスタートしたばかりだが、首相経験者を二人も含む重量級の閣僚ぞろいだとはいえ、これで安心できるとは誰も言えまい。 フォーサイトでは先に別冊『次の10年に何が起こるか』を世に送ったが、「失われた10年」と言われた90年代に続く「次の10年」の日本の未来は明るいのか、暗いのか。別冊のメッセージを敢えて一言で言えば、明るくも暗くもなる可能性があり、それは、われわれ日本人の改革への意志と実行力次第だということに尽きる。 日本の「次の10年」には、三つのシナリオが考えられる。 (1)「復活の10年」――多くの懸案が解決し、経済の本格的な回復が実現する。 (2)「停滞の10年」――現在の不安定な状態が、今後10年もだらだらと続く。 (3)「衰退の10年」――経済はさらに下降線をたどり、社会は大混乱に陥る。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順