インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

「重信逮捕劇」の点と線 中国・右翼コネクション

春名幹男
執筆者:春名幹男 2000年12月号
カテゴリ: 国際 社会
エリア: 中国・台湾 日本

「(今後は日本で)本名で正々堂々と闘う条件をつくりたかった」 中東に渡航してから約三十年。大阪で逮捕された日本赤軍の最高幹部、重信房子容疑者(五五)は弁護士を通じて、共同通信や朝日新聞にそんな手記を寄せた。 もはや中東は日本赤軍が活動する場ではなくなっていた。一九七一年二月、重信容疑者がアラブゲリラと連帯するためベイルートに渡った当時、彼らは「民族解放闘争」で一致していた。共闘してきたパレスチナ解放人民戦線(PFLP)のジョルジュ・ハバシュ議長はマルクス主義者であり、ともに反米・共産主義革命を目指した。 だが、いまパレスチナ解放の主導権は「ハマス」などのイスラム教原理主義組織が握る。冷戦終結後、闘いは宗教戦争に変質したのである。このため、日本赤軍は中東で「孤立状態に陥っていた」と公安筋は言う。そして、闘いの場を中東から日本に移し、結成しようとしたのが「人民革命党」である。 重信容疑者は二、三年前から偽造旅券を使って、北京―マカオ―香港―日本の間を計八回も行き来していたことが分かっている。 なぜ、それほど長期にわたって、行動の自由を確保できたのか。「中国は日本赤軍にサンクチュアリ(聖域、避難所)を提供していたのではないか」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順