饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(36)

イランの意向を汲んだハタミ歓迎午餐会

西川恵
執筆者:西川恵 2000年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 イランのハタミ大統領が十一月三日までの四日間、イラン大統領としては初めて日本を国賓として訪問した。穏健派のハタミ大統領は昨年三月のイタリア訪問を皮切りに、フランス、ドイツと歴訪し、訪日はこの対西側協調路線の延長線上にあった。 訪問にあたって、日・イ両国の外交当局は慎重に準備を進めた。同大統領のフランス訪問では、歓迎宴にアルコールを出す、出さないで、外交問題に発展したいきさつがあったからだ。 昨年三月、ハタミ大統領はフランスを国賓として訪問する予定だったが、エリゼ宮での歓迎晩餐会についてイラン側は「イスラム教徒はアルコールを飲まないし、ボトルを目にするのも嫌う。テーブルに出さないで欲しい」と求めた。しかしフランス側は伝統的な儀典のやり方であるとして拒否した。 実際のところ、エリゼ宮の饗宴はすべての人にワインを注ぎ、イスラム教徒などアルコールを飲めない人にはグラスをもう一脚出し、ジュースを供する。「何を飲むかは本人が選択すればいいこと」「客人が訪問国の儀典に従うのが筋」というのがフランス側の言い分だった。 しかしイランは頑としてノン・アルコールを求めた。穏健派のハタミ大統領としては、国内保守派からの「イスラムの教えを破った」との突き上げを考え、譲れなかったのである。結局、双方折り合わず訪問は中止された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順