【焦点の人】ジョセフ・エストラダ(フィリピン大統領) 一月には結審する弾劾裁判の行方

執筆者:松澤信彦 2000年12月号
カテゴリ: 国際

 エストラダ大統領の罷免の是非を問う弾劾裁判(ダビデ裁判長・最高裁長官)が十二月七日、フィリピン上院で開始された。下院議員十一人で構成される検事団に対し、弁護団を率いるのはナバサ前最高裁長官。陪審員は、上院議員全員(二十二人)だ。大統領の愛人たちの出廷も論議される弾劾裁判は、「世紀の裁判」として内外の注目を集める。 大統領の訴追は、違法賭博上納金を受領した「収賄」ほか、「腐敗」、「公共の信用への背信」、「憲法違反」の四条項からなる。四条項のうち一つでも有罪とされれば大統領は罷免となる。そもそものきっかけは十月四日、「フエテン」と呼ばれる賭博の違法上納金など五億三千万ペソ(約十二億円)をエストラダ大統領に上納した、とするシンソン南イロコス州知事の告発だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順