窮地に立つ金大中大統領

執筆者:黒田勝弘 2001年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

対北朝鮮強硬姿勢が予想される米ブッシュ新政権の誕生で――[ソウル発]米ブッシュ政権の誕生で韓国の金大中政権が不安に陥っている。ブッシュ政権の北朝鮮に対する強硬姿勢が予想されるからだ。金大中政権は昨年六月の金大中大統領と金正日総書記との平壌空港での「抱擁」に象徴されるように、北朝鮮に対し「太陽政策(あるいは包容政策)」の名の下に宥和的で一方的な支援を進めてきた。しかしブッシュ政権とは、対北朝鮮政策をめぐって波長のズレが懸念されている。 年初に金大中大統領とインタビューしたインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙によると、金大中大統領は「ブッシュ政権の判断錯誤により、南北和解が水泡に帰するかもしれないと憂慮」しており「ブッシュ大統領に会って自らの太陽政策を引き続き支持してくれるよう要請する計画」だという。さらに、「ブッシュ大統領に対し既存の路線を変えずに持続的な対話を支持し、金正日をコーナーに追い詰めないよう要請することを示唆した」という。 金大中政権が米国の民主党寄りだったことは周知の事実だ。それは「人権と民主化」の活動家として、「安保」や「軍事」には相対的に冷淡で、左翼・進歩派とは親近感のあった野党時代からの金大中氏の政治的歩みを振り返れば分かる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順