饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(37)

急浮上した略奪文化財返還問題

西川恵
執筆者:西川恵 2001年1月号
カテゴリ: 国際

 イタリア政府はファシスト政権時代にムッソリーニがエチオピアから略奪したオベリスク(古代エジプトの石柱)を近々、返還することを決めた。 このオベリスク(高さ二十四メートル)はローマ市内の国連食糧農業機関(FAO)本部前のポルタ・カペーナ広場に立っている。エチオピア文明の揺籃期の二―四世紀のものとされ、ムッソリーニがエチオピアを併合した翌年の一九三七年、エリトリア国境に近い歴史都市オクスムから略奪し、ローマに運んで現在の場所に立てられた。第二次大戦後、エチオピアは再三返還を求め、九七年に一時まとまりかけたが、エチオピアとエリトリアの国境紛争を理由に先延ばしされてきた。 昨年十二月半ば、エチオピアを訪問したイタリアのシェッリ副外相は経済援助協定を結び、友好の証としてオベリスクの返還を確約。政府から輸送方法などを諮問されていたイタリアの専門家は一月上旬、ローマに持ってきたときと同様、三つに切断して船か飛行機で運ぶことを提言した。 ポスト冷戦において文化交流は外交の重要な柱となっている。政治、経済体制の差異がなくなったグローバルな世界では、文化は国家、民族のアイデンティティーを示す重要なシグナルになり、国同士の相互理解に文化が果たす役割はますます大きくなっている。これまであまり表沙汰にならなかった歴史的な文化財の返還問題がそこここで持ち上がっているのも、こうした新しい時代の文化のありようと密接にからんでいる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順