クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

21世紀という暗い世紀

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2001年1月号
カテゴリ: 環境・エネルギー

 鳥のように空を飛ぶのは、長いあいだ人間の夢だった。二十世紀が始まって三年目、ライト兄弟が人類初の動力飛行で、二百六十メートルの距離を飛ぶのに成功した。するとその世紀の終わる頃には、五百人以上の客を積んだ旅客機が飛んだり、音速の二倍を出せるまで、人間の技術は進歩していた。 夜空に浮かぶ赤い、どこか不吉な感じのする星も、大昔から人間に見上げられてきた。西洋人はその星から軍神を連想し、日本人は火星と呼んできた。 いま、二十一世紀が始まったばかりの時点で、人類はすでにかなり火星について知っている。マリナー、バイキング、サーベイヤーなどを打ち上げて火星を撮影し、また人工衛星を着陸させた。このペースでいくと、今世紀が終わる前に人間は火星の上に立つはずである。もし猛烈な砂あらしでなければ、人はそのとき火星上に何を見るだろうか? 私は最近「火星にかつて水が存在した証拠」だという写真を見せられた。 その写真は、似た大きさの長楕円形の岩をびっしり敷きつめたような地面で、何よりの特長は岩の一つ一つに縞模様がくっきり見えることだった。 木の年輪とは少し違う。カツオの切り身に表われる魚肉の縞の方に近い。科学者の解析によると、そこは湖か浅い海があったと思われる場所で、縞は徐々に水が干上がっていくのに従い、後に残った沈殿物だそうである。だんだん露出していく湖底に水が残したお別れの記念の線――とにかく「水がなければあり得ない縞」だという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順