コンドリーザ・ライス(米大統領国家安全保障担当補佐官) 初の黒人・女性アメリカ大統領の呼び声も高いブッシュ外交の重鎮

名越健郎
執筆者:名越健郎 2001年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

「私の祖父は一九一八年、大学で学ぼうと決意し、黒人に門戸を開いたアラバマ州のスティルマン大学を探して入学した。綿花を売って学費を稼ぎ、牧師になって奨学金を得た。それ以来、ライス家では全員が大学で学んだ」 昨年七月フィラデルフィアで開かれた共和党大会で、コンドリーザ・ライス米大統領補佐官(四六=国家安全保障担当)の演説はひときわ異彩を放った。大多数の黒人が福祉と庇護を求めて「大きな政府」の民主党を支持する中、ライス家が機会と競争を重視する共和党を選んだ理由を告白したからだ。 他人の発言はめったに引用しないことで知られる著名な保守派評論家、ジョージ・ウィルは、ワシントン・ポスト紙のコラムでライス演説を長々と紹介し、「共和党はいまや、パウエル(国務長官)とライスの党だ」と絶賛した。二人を前面に出し、ブッシュ大統領の「思いやりのある保守主義」をアピールした党大会は、白人政党の共和党が弱者と少数派に切り込んだ点で、歴史的意味があったといえる。 ただ、ブッシュ外交を担うパウエルとライスは同じ黒人でも政見はかなり異なる。妊娠中絶や少数派優遇措置を支持する穏健派のパウエルに対し、ライスは保守的で、「米国民が銃で自衛する権利」を擁護する。外交面でも、パウエルが力の行使に消極的なのに対し、ライスは勢力均衡論に立脚し、国益のためなら軍事力行使も厭わない。「黒人で女性であることはあなたにとって長所か短所か」と、あるインタビューで聞かれたライスは「そんな問題を考えることに時間を費やしたことはなかった」と不快感を示した。ピアノやスケートはプロ級。才色兼備で弁舌能力や経営手腕も持つマルチタレントの国際政治学者にとって、コンプレックスは無縁なのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順