「通信自由化」で権限拡大を狙う総務省

2001年1月号
エリア: 日本

結局、NTT完全分割は先送り。このままでは、日本経済の凋落は必至。「後進国に転落した日本の情報技術(IT)環境の再構築」という理想は、焼け太りを狙う総務省(旧郵政省)にとって、便利な隠れ蓑に過ぎなかったようだ。 電気通信審議会(郵政相の諮問機関)が昨年暮れ、まとめた答申「IT時代の競争促進プログラム」はその立派なタイトルとは対照的に、「NTT完全分割」などの本質論をすべて先送りしたうえで、官庁の予算権限拡大だけを優先する内容に貶められている。背後で官庁の焼け太り構想を支える自民党郵政族や日本電信電話(NTT)などの魑魅魍魎の跋扈も見逃せない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top