米国との直接的対立は望まない中国

執筆者:伊藤正 2001年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾 北米

北朝鮮・金正日総書記の二度目の訪中に隠されたキーワードは「米国」だった。ブッシュ新政権が対中関係見直しを図る中、江沢民主権はいかなる米中関係を構築しようとしているのか。[北京発]北京はこの冬、雪の日が多かった。二月上旬までに八回も降り、平常湿度二〇%ほどに乾燥しきる北京には珍しい冬だ。春節(旧暦の正月、今年の元日は一月二十四日)前後の雪は「瑞雪」といい、害虫を殺し豊作をもたらすと信じられている。その春節を前にした一月十五日、北朝鮮の金正日労働党総書記の専用列車がひそかに中国入りし、北京を通過、上海に向かった。一切公式確認がとれないまま、数日間、間接情報に振り回され続けた。 中国共産党中央対外連絡部が金正日氏の訪中を公表したのは、一月二十日午後六時半すぎ(北京時間)だった。その時点で、金氏は既に中国を離れた、と北京駐在のほとんどの記者や外交官は思い込んだ。昨年五月に訪中した際は、平壌帰着の翌日に公表されており、今回も同じだとみられていたからだ。 実際には一行の専用列車が北京を出発したのは、中国側発表の二時間後だった。その日午後、上海視察を終え北京に着いた金正日氏は、人民大会堂で江沢民国家主席(党総書記)と会談、引き続き会食していたのである。専用列車が中朝国境を越えたのは翌二十一日午前十一時前だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順