インドネシアの日本叩き 今度は「クレヨンしんちゃん」

2001年2月号
カテゴリ: 国際

 インドネシアで、「クレヨンしんちゃん」が槍玉にあげられている。 人口の約九割をイスラム教徒が占めるインドネシアでは、イスラム教徒が食用を禁じられている豚の成分を精製過程で混入しながら表示を怠ったとして、「消費者保護法違反」の容疑で味の素の日本人幹部らが身柄を拘束されたばかりだが、今度は日本の漫画「クレヨンしんちゃん」が、新たな日本バッシングの材料となっているのだ。「クレヨンしんちゃん」は、インドネシアの民放で放映され、翻訳された漫画本も子供たちの間で人気となっている。しかし、「しんちゃん」が、女の子のスカートをめくったり、両親の性生活に関するきわどい発言をしていることが「教育上問題がある」と教育関係者らから批判され、現地の週刊誌も「ポルノか革命的芸術か」と特集を組む騒動に発展している。味の素事件の直後だけに、放送局では放映時間を夜に変更するなどの対策を明らかにしている。 インドネシアでは、ワヒド政権に対する国民の不満が高まっており、これを逸らすために政権側が意図的に宗教や教育問題にかこつけて外国企業・文化を狙い撃ちしているのでは、との憶測も広まっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順