対ロシア外交の日独格差

名越健郎
執筆者:名越健郎 2001年2月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

カリーニングラード返還で前進したドイツと北方領土返還で失敗した日本 第二次世界大戦の敗戦国である日本とドイツが二十一世紀初頭、戦争によってロシアに奪われた領土問題で全く異なる対応を示している。日本外務省が「二島先行返還論」を提示して、結果的に北方領土問題を後退させ、二十世紀末までの平和条約締結に失敗したのに対し、ドイツはロシアの飛び地である旧ドイツ領カリーニングラードの「経済的領有権」獲得に向けて水面下で着々と動いていることが判明した。ソ連邦崩壊前後という領土問題解決の好機に、東西両独の統一に成功したドイツと、何もしなかった日本の外交能力が、十年後に再び試されつつある。 英紙サンデー・テレグラフは冷戦時代、ソ連国家保安委員会(KGB)のエージェントといわれた故ビクター・ルイスをモスクワ特派員に抱え、東側情報でクレムリン肝煎りのスクープを飛ばしたことで知られるが、一月二十一日付の同紙が報じたカリーニングラードをめぐる独ロの秘密交渉説は各国に衝撃を与えた。 同紙によれば、独ロ両国は、ドイツがロシアの対独債務の一部を帳消しにするのと引き換えに、ドイツがカリーニングラードで主要な経済プレーヤーになることを狙った構想を進めており、一月六日、モスクワで行なわれた独ロ首脳会談で討議されたという。経済的困窮が進むカリーニングラード州の経済運営や再開発でドイツが主導権を握り、「実質的な返還」を達成する構想だと同紙は伝えている。シュレーダー首相はプーチン大統領に対し、欧州連合(EU)とカリーニングラードが「連合協定」を結ぶことで、この構想を進めるよう打診したとされる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順