インドネシアで高まるメガワティ待望論

2001年3月号
カテゴリ: 国際

 先の大統領選では闘争民主党のメガワティ・スカルノプトリ党首の大統領就任を阻止するため、ワヒド選出に大きな役割を果たしたアミン・ライス国民信託党党首が、今度は議会第三野党の開発統一党などイスラム系政党と連携して「ワヒド降ろし」に走ったことから、メガワティ副大統領の大統領昇格が浮上してきた。 特に経済の七割を握る華人の中で待望論が高まっている。華人が警戒するイスラム教色がなく、副大統領就任後もシンガポールや香港など、華人が経済力を誇る地域を積極的に外遊、投資の誘致を図ったことが華人の好感を呼んだ。さらに、経済担当調整相をつとめた華人のクイック・キアン・ギー闘争民主党顧問がメガワティ側近であることも、「親近感」増大に貢献している。 しかしその一方、「首尾よく大統領に就任しても、すぐにイスラム勢力が揺さぶりをかけることは確実だから、政局は結局安定しない」との声もある。「民主化の象徴」といわれる「メガワティ政権」の崩壊後に残された道は、軍による政権掌握しかないとの冷めた見方をする華人も多く、その場合、外国の投資が当面望めなくなる恐れもある。「インドネシアの漂流」はまだまだ続きそうだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順