クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

フライパンから火の中へ

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2001年3月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 一月にフィリピンで政変があったとき、私は胸中「あ、またやってる」と、一種憐憫の情を覚えた。 数十万の群衆がマニラ街頭に出て、アロヨ副大統領と国軍参謀総長が先頭に立ち、みんなが笑顔で正義を行う満足感に浸っている。民衆の熱狂的支持を得て当選したはずのエストラダ大統領は、あれよあれよという間に「辞任」させられ、たちまちアロヨ新大統領の就任宣誓式。極貧から這い上がった男は捨てられ、コラソン・アキノそっくりな大金持ちのお嬢様が政権を握り、さすがアメリカの学校を出ただけに、お上手な英語で演説なさった。 フィリピンの憲法には「政権の交代は街頭において決する」と書いてあるのか? あれでも法治国家か?「人民の力」か何か知らないが、フィリピンはいつまで経ってもスペインの熱い血とハリウッド的メロドラマという旧宗主国直伝の「文化遺産」から脱皮できないらしい。 私の世代の「アジア屋」は、一九六五年にマルコスが大統領になったときのフィリピン人の喜びようを憶えている。マカパガル時代の末期は、マニラ空港でタクシーに乗ったが最後、どこへ連れて行かれて身ぐるみ剥がれるか知れない国だった。マルコスは、そういう国に秩序を与えた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順