「ポスト・ゲノム」ビジネスの標的は何か

2001年3月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 北米

ゲノム解読の完了で次の競争の号砲が鳴った――[ワシントン発]中国・上海の工業団地に、人間の全遺伝情報(ゲノム)の解読やデータ提供サービスを手掛ける先端企業がある。中国政府とも太いパイプを持つ、上海ジーンコア・バイオテクノロジーズ。実はこの会社、米遺伝情報サービス最大手セレーラ・ジェノミクス(メリーランド州)と、アプライド・バイオシステムズ(カリフォルニア州)が資本の九五%を握る。両社ともアプレーラ社(コネチカット州)のグループ会社である。アプレーラ・グループがここで狙うのは、「遺伝子ハント」。様々な民族集団のゲノム・データを集めようというのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top