【今月の2冊】 ブッシュ米新大統領の“笑える人柄”が浮きぼりに

2001年3月号
カテゴリ: 国際 書評
エリア: 北米

「元大統領の御曹司で、エール、ハーバードの両名門大学で学び、MBA(経営学修士号)を持つ初の大統領ながら、ブッシュは驚くほど気さくで、『普通の人』の視線を持っている。成績は平均以下で、四十歳までは酒に溺れ、ビジネスも失敗続き。自らも『ブッシュ家のはみ出し者』を自認する」(名越健郎『ジョージ・ブッシュの華麗なユーウツ』新潮社刊 一〇〇〇円) フロリダ州の開票をめぐって三十六日間にわたる前代未聞の延長戦を制し、第四十三代アメリカ合衆国大統領の座を射止めた男、ジョージ・ウォーカー・ブッシュ。「二十世紀はアメリカの時代」と評される通り、新世紀を迎えたいま、アメリカは地球上で最も強大な軍事力、経済力を誇り、国際政治に最も影響力を持つ国家となった。その国家元首が冒頭の引用のような人物だったとしたら……。 本書は、アメリカのテレビによくある風刺の効いたコメディ番組を彷彿とさせる。「主役」であるアメリカ史上最も軽薄な大統領の行動、言動や過去のエピソードだけでも抱腹ものだが、「共演」のゴア前副大統領の生真面目さが、さらに大統領の“笑える人柄”をひきたてる。新聞、雑誌の記者、大学教授といった「観客」のブッシュ評も数多く紹介し、その内容は一流の批評家だけが持つウィットに満ち溢れている。まさにジョーク満載のシチュエーション・コメディだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順