金融政策をめぐる日銀と自民党の暗闘

執筆者:須田慎一郎 2001年3月号
エリア: 日本

二月上旬、株価の低迷を背景に「量的緩和」の実施、さらには「日銀法改正」まで現実のものとなろうとしていた。自民党の猛烈な攻勢にさらされた日銀は、公定歩合の引き下げなど機先を制して金融緩和策に転ずる一方で、内部の結束を固めたが――。「日本銀行の現在の金融緩和策は不十分であり、いわゆる『量的緩和』を実施したり、ゼロ金利政策を復活させるべきではないか、といった主張も聞かれます。そこで、今後の金融政策運営について、政策委員会における議論を踏まえ、基本的な考え方を申し述べたいと思います――」 去る三月七日、日本銀行の速水優総裁は、時事通信社が主催する「内外情勢調査会」で講演を行なった。この講演は周囲があらかじめ予想したモノよりかなり踏み込んだ内容になった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top