野村―モルガン・スタンレー「接近説」の深層

執筆者:滝澤拓 2001年3月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

 金融再編劇に独り残った野村證券に、米系有力投資銀行モルガン・スタンレーとの接近が噂されている。モルガン・スタンレーといえば、ゴールドマン・サックスと並び称される投資銀行の雄で、現在、「ブッシュ政権に最も近い金融会社」(米系投資銀行関係者)と言われている。 クリントン米前政権とウォール街の連携は九〇年代の国際金融のメインテーマだった。それと比較すればブッシュ政権にはウォール街の影響力は小さいとの見方が一般的だ。それにもかかわらず、モルガン・スタンレーが注目されるのは、エール大学、ハーバード大学に学んだブッシュ氏が、経済政策スタッフをグレン・ハバードCEA委員長、ローレンス・リンゼー経済担当大統領補佐官といったハーバード人脈で固めたことに理由がある。WASP社会で“ホワイト・シュー(「いかにもアイビーリーグ的」の意)”と特別視されるモルガン・スタンレーは、ブッシュ政権と「人脈的に濃厚な関係をもっている」と、あるウォール街関係者は指摘する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順