「安全な家」ではなかった統合欧州

執筆者:戸川秀人 2001年4月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ヨーロッパ

グローバルな危機の連鎖には、あまりにも無防備な体制[フランクフルト発]「外部(米国)の環境が悪化したことで、好調だった昨年に比べ、ユーロ圏の今年の経済成長率は鈍化することが予見される。だが、一言に要約すれば、ユーロ圏経済は堅調と言える」 四月十一日、欧州中央銀行(ECB)の定例理事会後の記者会見で、ドイセンベルク総裁は、いつも以上に歯切れが悪かった。米国と同時に景気後退する可能性はあるが、懸念には及ばないという。「我々のスタンスは、様子見(wait and see)である」。当面の金融政策の運営方針を聞かれて、、ドイセンベルク総裁は、こう宣言した。これでは金融政策がどちらの方向を向いているのか判らない。 世界景気を支えてきた米経済の成長に急ブレーキがかかっている。一方、日本経済には立ち上がる兆しすら見えない。ユーロ圏の経済指標は、今のところ日米ほど悪い数字を示していないが、果たして呑気に構えていてもよいのだろうか。金融市場には、ECBが日米英への追随利下げで景気を下支えするとの予測も多かったが、この日のECB理事会は結局、レポ金利(金融調節オペでの最低入札金利)の変更を見送った。想像を超えていたグローバル化

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順