フランス「民主主義の実験」の虚実

渡邊啓貴
執筆者:渡邊啓貴 2001年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

同性愛家族を認める連帯市民協約、男女同数法の「理想と現実」 フランスでは三月に市町村議会選挙が行なわれ、事前の予測を大きく覆して保守派が躍進、現役閣僚を含む左翼の多くの有力政治家が敗退した。保守派は全国で四十超の市を左翼からとり戻した。今回の地方選における目玉の一人だった、左翼の現役閣僚ギグー女史は、南仏アヴィニョン市で落選が決まった直後、涙声で「今日私はとても悲しい」と感極まった記者会見を行なった。 しかし、他方でパリとフランス第三の都市リヨンでは左翼の市長が誕生した。自分がホモセクシャルであることを公言した社会党のドラノエ・新パリ市長は、それと分かる柔らかな仕草で胸に手を当て「パリ市民は文化と民主主義的実践の刷新を選択した」と静かに語り、最後に壇上から支持者に大きな投げキスを送った。 今回の選挙の底流には、ドラノエの言葉に象徴される新しい時代の潮流が垣間見えた。そして、それを支えたのが「実験場」としての民主主義を尊重する国民の意識であった。新しい社会階層の出現 いつの時代でも花形の職業・社会層がいる。かつてのBCBG(bon chic bon genre=家柄がよく、品のよい名士層)に代わって今日注目を浴びているのが、「ボボ(Bobo=ブルジョワ・ボエーム)」たちである。米国人ジャーナリスト、デーヴィッド・ブルックスが書いてベストセラーとなった『楽園のボボ達』という本がその由来で、広告・メディア・ネットベンチャー(フランスでは「スタートアップ」という)・服飾・ショービジネスなどの職業につく、比較的若く高収入の人々のことを指す。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡邊啓貴
渡邊啓貴 東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。1954年生れ。パリ第一大学大学院博士課程修了、パリ高等研究大学院・リヨン高等師範大学校客員教授、シグール研究センター(ジョージ・ワシントン大学)客員研究員、在仏日本大使館広報文化担当公使(2008-10)を経て現在に至る。著書に『ミッテラン時代のフランス』(芦書房)、『フランス現代史』(中公新書)、『ポスト帝国』(駿河台出版社)、『米欧同盟の協調と対立』『ヨーロッパ国際関係史』(ともに有斐閣)『シャルル・ドゴ-ル』(慶應義塾大学出版会)『フランス文化外交戦略に学ぶ』(大修館書店)『現代フランス 「栄光の時代」の終焉 欧州への活路』(岩波書店)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順