饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(40)

対日関係改善に奔走する知日派インド大使

西川恵
執筆者:西川恵 2001年4月号
カテゴリ: 国際

 東京の桜が満開となった四月四日、東京・九段にあるインド大使館で「桜を見る会」が催され、日本の政財官界や在日外交団の招待者約三百人でにぎわった。 この時期、大きな庭をもつ英国やオーストラリア大使館なども「桜を見る会」を開くが、インド大使館の場合はナショナルデーのパーティーも兼ねている点で異なる。インドが英国から独立したのは一九四七年八月十五日と、日本の終戦記念日と同じ。このためインド政府は日本にある大使館に限って、日本人の感情に配慮して、ナショナルデーのパーティーを桜の季節にずらして開くようにしている。 インド大使館の前庭からは千鳥ヶ淵のお堀が一望でき、招待者はフランスワインのグラスを傾けながら、暮れなずむ夕刻のひと時、見事な桜の借景を楽しんだ。館内の広間の長テーブルにはビュッフェ用に各種カレー、サモサ、チキン・ティッカなどのインド料理が用意されたが、なくなるのにさほど時間はかからなかった。 インドと関係の深い人なら、今年のパーティーはここ二、三年とは雰囲気が大きく変わったことに気付いただろう。九八年のインド核実験以来、日本世論の批判や経済制裁によって、両国関係はギクシャクしていた。昨年八月に森首相が訪印し、一定の成果を上げたこともパーティーの空気に反映していたが、何といっても昨年九月に駐日大使となって赴任したアフターブ・セット大使の存在が大きかった。日本をよく知る大使の多彩な人脈が、これまでにない和やかな雰囲気を醸し出し、大使は流暢な日本語で招待者一人一人と挨拶を交わし歓談した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順