クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

クローン人間という大凶事

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2001年4月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

 世界中の人々が期待をこめ、もし世くは恐怖に震えつつ、手に汗を握って待っている――「世界初のクローン赤ちゃん誕生!」のニュースを。 二十世紀の人類は、原子を割るのに成功した。二十一世紀にはクローン技術を使って、判で押したような「そっくり人間」を生産するのだろうか。欧米の科学者が、きっと真っ先にやるはずだ。 カナダには、クローン人間の誕生を支援する宗教団体があって「今年のクリスマスまでには」産声を聞かせるという。レースはすでに始まった。生殖医学専門家たちは、いまリンドバーグの同僚の飛行士か、アラモゴード前の物理学者みたいに目の色を変えている。誰が歴史に名を刻むか? もう時間の問題である。 第一号が誕生すれば、必ず続く者がいる。億万長者の奥さんが「息子が事故で死んだ。もう一人つくってくれ」と、細胞と一千万ドルを出したら――抵抗できる科学者が何人いるか。ゼニになれば、理屈はどうにでもつく。 ところが、三月二十六日ニューヨーク発のロイター電は「ニューヨーク・タイムズ」のクローン批判を伝えた。語るのは主にハワイ大学で動物実験中のヤナギマチ・リューゾーという人だから、日本人か日系人である。 彼は三年前にマウスのクローンをつくり、その後の成長を観察してきたが、人間の年齢にして三十歳に相当するところに来ると、急に太り出すという。普通のマウスと同じ餌なのに、中には超肥満になるのもいる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順