絶好調「ユニクロ」に死角はないのか

出井康博
執筆者:出井康博 2001年4月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

デフレ時代の小売の旗手として快進撃を続けるユニクロ。今期の売上げは昨年から大幅に伸びて四千億円を超えるという。さらに、秋にはロンドンに支店をオープン、海外進出にも乗り出す。そんな中、一方で「ユニクロ限界説」が囁かれ始めてもいる――。 三月二十四日は、「ユニクロ」にとって記念すべき一日となった。山口県に本社を構え、かつては街道沿いの安売り店としか見られていなかったカジュアル衣料専門チェーンが、日本で最も地価の高い街、東京・銀座へと進出したのである。 場所は三越、松屋、松坂屋といった老舗デパートが軒を連ねる中央通り沿いのファッションビル「ニューメルサ」。オープン当日の土曜日午後、高級ブティックが並ぶ他フロアが閑散としているのを尻目に、ユニクロの入った五階ワンフロア、二百坪の売り場だけが大変な賑わいを見せていた。 試着室に二十人ほど、レジには四、五十人の順番待ちの列ができている。客層は若者と中高年が半々といったところ。買い物かごを覗くと、いかにも近隣の高級デパートにいそうなマダムたちまでもが、色違いで二着、三着とシャツやパンツを買い込んでいる。マスコミで繰り返し報じられた、あのユニクロブームは今も健在なのだろうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順