インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

ブッシュ「台湾防衛」発言の裏に何があったのか

春名幹男
執筆者:春名幹男 2001年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾 北米

「(台湾が中国から攻撃を受けた場合は)台湾の自衛を助けるために必要なことは何でもやる」 ブッシュ米大統領は四月二十五日、テレビインタビューでそう述べ、台湾防衛に異例の強い決意を表明した。 そして、五月一日ルイス・フリー米連邦捜査局(FBI)長官が突然辞任を発表し驚かせた。一週間のうちに起きた二つの予想外の出来事は一見無関係に見えるが、裏では「相互に関連している」と国際情報筋はみる。 アメリカの歴代政権は、台湾有事の際に軍事行動をとるかどうかをはっきりさせない「戦略的あいまい政策」をとってきた。ブッシュ発言はその政策からの大幅な逸脱である。「従来の政策の継続」と言い張るホワイトハウスの真の狙いはメディア操作にあった。 実は、ホワイトハウスは前夜、国防総省首脳に「ちょっとした爆弾が落ちるよ」と通告していた。だが、その中身を聞いて、関係者はみな不意を突かれた。「真意はつかみ切れていない」という柳井俊二駐米大使の反応や「脱線」と批判するワシントン・ポスト紙の報道はともかく、ペンタゴンまでがショックを受けたというのだ。 ブッシュ発言を演出したスタッフたちは明らかに“確信犯”と言える。恐らく、アンドルー・カード大統領首席補佐官、カール・ローブ戦略担当上級顧問、カレン・ヒューズ広報担当顧問ら側近が知恵を絞って考え出した策だろう。緻密に外交政策を練り上げてまとめた発言ではないのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順