クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

現代の朱子学を奉じる新聞社

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2001年5月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 小泉内閣の人気は凄い。まだ何もしていないのに、これまで「自民党が」と聞いただけでソッポを向いた人、完全に政治にシラケていた人までが、総裁選のときから彼を眺めてはソワソワしている。高い支持率が七月の参院選まで続くのか、自民党が単独で過半数を取ればどうしようと、公明党や創価学会は居ても立ってもいられないだろう。 しかし、官房長官に紹介されて壇上に立つ新閣僚の一人一人に「靖国神社に参拝しますか? 公的ですか私的ですか?」と聞かせた新聞社も、同じほど凄い。他社の記者には質問を控えるような気配があったから、事前に官邸クラブで「ウチは靖国を聞くぞ」と宣言していたのかもしれない。 戦後半世紀、われわれが築いてきた日本は、いま底無しの沼に沈もうとしている。処理しても処理しても不良債権は増える。消費は萎縮し、倒産と失業者のみが増えている。構造改革か景気対策か、新内閣には救国の期待がかかっていた。靖国神社に参拝しようがしまいが、公的だろうがなかろうが、オイラには正直のところ、どうでもいいことである。 それなのに彼らは、社名を名乗って執拗に参拝のことを尋ねた。テレビで見ていた私は、つい失礼だが「アホンダラ」と呟いた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順