変化と多様化への対応が迫られる「タイの仏教」

執筆者:立山良司 2001年5月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史

 タイの仏教関係のニュースには、やたらスキャンダラスな話が多い。厳しい戒律を守っているはずの僧が愛人を持っていたとか、麻薬に染まっていたといった類だ。破戒僧の現場を押さえるため、内偵捜査のような活動をしている僧侶グループもいるという。それでも、民衆の信仰心はきわめて強い。一九九七年のアジア経済危機の荒波をもろに受けたタイ経済を救おうと高僧の一人が浄財の拠出を呼びかけたところ、多額の現金と金製品が寄せられた。ただ、集まった浄財の使途をめぐり政府と僧との間で対立が生じ、それがまたスキャンダラスな話になってしまったが。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top