いまだバルカンの火種は消えず

執筆者:ルイーズ・ブランソン 2001年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

「バルカンのサダム・フセイン」ミロシェビッチさえ排除すれば、セルビアは立ち直ると国際社会は考えてきた。だが今も、いたる所で紛争の火種が燻っている。下手をすれば、バルカン半島全域に戦火が広がる危険もある――。[スコピエ発]すべて世はこともなし――このところのバルカン情勢を眺めていると、少なくとも表面上は、実に穏やかだ。セルビアの元独裁者スロボダン・ミロシェビッチも、今はベオグラードの刑務所で裁きを待つ身。権力の座にあった十三年間に四度の紛争を引き起こした張本人として、いずれセルビア国内かハーグの国際戦犯法廷で(あるいはその両方で)断罪されるだろう。マケドニアでの民族蜂起も一時の勢いは失なわれ、新たな戦闘シーンや大量の難民の姿がテレビニュースを賑わすことも少なくなった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
ルイーズ・ブランソン イギリス出身。英『サンデー・タイムズ』紙モスクワ支局長を経てフリーランスに。米『ワシントン・ポスト』紙元モスクワ支局長で夫のダスコ・ドーダー氏との共著に『ミハイル・ゴルバチョフ』『ミロシェビッチ――暴君のポートレイト』がある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順