【今月の2冊】 今の日本に不可欠な「あるべき社会」論

2001年5月号
カテゴリ: 文化・歴史 書評

「思うに、一九九〇年代以降の日本の低迷と混迷は、目指すべき社会と進路を見失った『理念の敗北』に由来する。我々が下腹に力を入れて目指すべきは、他人のまねごとや時代の空気に合わせた軽薄な悪乗りではなく、自分の頭で考え抜いた『理念』の再興である」(寺島実郎『「正義の経済学」ふたたび』日本経済新聞社刊 一四〇〇円) 日本では、経済ジャーナリズムもエコノミストも、景気の現状分析や経済予測には熱心でも、「あるべき社会とは何か」を正面から論ずることを避ける傾向が強い。リスクを取ろうとしないのだ。この風潮の中で、著者の論壇における存在感が益々高まっているのは、あえて“正義”という言葉まで持ち出し、「あるべき社会」論を提示しようとする勇気にあるといえる。 多彩な内容の本だが、本書を貫くテーマは、日本が目指すべき方向として、いま流行りの、競争と市場を至上価値とする「米国流資本主義」で本当にいいのか、という真摯な問い掛けである。そして著者は、日本は真の自律と自尊の精神に立って、「売りぬく資本主義」に走ることなく、日本独自の「育てる資本主義」を確立すべきではないかと説く。経済の効率性は大事にしながらも、分配の公正さにも配慮すべきというのが著者の立場だ。著者が欧州の実験に着目する理由もここにある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順