二〇〇八年五輪をめぐる攻防

執筆者:竹岡亮 2001年5月号
カテゴリ: 国際

次期IOC会長選に加え、米中「新冷戦」も影を落とす 二〇〇八年夏季五輪の開催地が、七月中旬にモスクワで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会で決まる。開催候補地はパリ、北京、トロント、大阪、イスタンブールの五都市。第四コーナーに差し掛かった招致レースのトップを走るのは北京とパリ、これをトロントと大阪が激しく追い上げ、イスタンブールが続く。 五輪開催地の決定はIOC委員買収スキャンダルの教訓から、各委員の候補地訪問が禁止された。代わってIOC評価委員会が候補地を訪問して作成する評価報告書を基に、開催地を決めるシステムになり、二〇〇八年の開催地決定から適用される。また、今年は二十一年間にわたりIOCに君臨したファン・アントニオ・サマランチ会長(八〇=スペイン出身)が退任し、新会長の選挙も行なわれる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順