饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(42)

ナイジェリア大統領を迎えた晩餐会も“小泉流”

西川恵
執筆者:西川恵 2001年6月号
カテゴリ: 国際

 ナイジェリアのオルセグン・オバサンジョ大統領(六四)が五月二十一日から三日間、日本を公式訪問した。 オバサンジョ大統領は七〇年代後半、最高軍事評議会議長(国家元首)として民政移管を進めたが、軍政時代の九五年、人権弾圧に抗議して逮捕され、三年間、獄中生活を送った。その後、軍政指導者の急死で釈放され、九九年の大統領選で当選し、八三年以来の軍政を民政に移管した。 民主化のモデルとなった産油国ナイジェリアは、西アフリカのキープレーヤーとして欧米諸国から重きを置かれており、五月十日にはブッシュ大統領の招きで米国を訪問したばかり。小泉首相がこの大物元首との首脳外交をどうこなすか、最初の試金石となった。 二十二日夜、首相官邸の大食堂で歓迎晩餐会がもたれた。そのメニューである。 〈料理〉 アワビのグリル、湯葉のソースで ブロッコリーを詰めたスズキ ラズベリーのシャーベット 葉山産の牛肉フィレ チーズとサラダ チョコレートのデザート三種 〈ワイン〉 ムルソー(白)88年 クロ・ヴジョー(赤)90年 両首脳がそれぞれ歓迎と答礼のスピーチを行い、日本酒で乾杯した。日本酒での乾杯は珍しいが、その前の交換公文の署名式でシャンパンが振る舞われたからである。日本的素材を使ったフランス料理は都内のホテルのシェフが腕をふるった。ワインはフランス・ブルゴーニュ地方のトップレベルだった。出席者は双方合わせて二十数人。両首脳には英語の通訳がついたが、すっかり意気投合した二人は話が途切れることがなかった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順