「ゴーン・マジック」のタネ明かし

執筆者:加納修 2001年6月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

鍵は「税効果会計の導入」。真の勝負は秋からの新型車の売れ行きにかかる 文字通りの大逆転だった。日産自動車の財務体質である。約七千億円にものぼる過去最悪の赤字決算を発表したのが昨年のこと。それからわずか一年で過去最高の利益へと“大変身”。野球に例えるなら、九回裏二アウト、フルカウントからの代打満塁ホームランといったところか。その代打の打席に立っていたのがカルロス・ゴーン社長だった。この奇蹟の満塁ホームラン、何が最も観衆の目を惹いたかというと、「予告された逆転」だったことである。綿密に計算された復活劇――「ゴーン・マジック」とも呼ばれるその経営手腕を検証してみた。 五月十七日、日産の決算発表会場には、早くからジャーナリスト、経営評論家、アナリストが集まっていた。その数、ざっと三百人以上。すでに予想されていた日産の復活に関する「具体的な数字」を見ようと、国内外から集まった人たちだ。そして誰もが、ゴーン社長の“勝利宣言”の根拠、具体的な理由を聞きたいと願っていた。 ゆっくりと登壇したゴーン社長は、睨みつけるように会場を見渡してから口火を切った。「発表当初は日産の再建策NRP(日産リバイバルプラン)について、(周囲は)批判的だった。あまりに大胆で劇的な内容だったからです。しかし、初年度の計画は達成された。そのうち、一部については、計画以上の、希望に近かった目標をも超えることができた」。背後のスクリーンには、ここ数年、日産の決算の発表では見ることができなかった右肩上がりの折れ線グラフが示されている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順