理研「遺伝子スパイ事件」の必然

2001年6月号
カテゴリ: 国際 社会
エリア: 北米 日本

バイオがITに代わってアメリカ経済の牽引役として期待される中で――[ワシントン発]日本の理化学研究所の研究者ら二人がオハイオ州クリーブランドの医療機関から遺伝子サンプルを盗み出したとして、五月に米司法省から経済スパイ法違反で起訴された事件が、日本の政府、産業界、学界に衝撃を与えている。一九八二年に日立製作所、三菱電機の社員が米IBMのコンピューターに関する企業機密を盗み出そうとしたとして逮捕された産業スパイ事件を彷彿とさせ、バイオテクノロジーの分野で米政府が高度技術の囲い込みに乗り出したとの観測を呼んでいるためだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順