饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(43)

日本酒で小泉総理を迎えたシラク大統領

西川恵
執筆者:西川恵 2001年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 小泉首相は六月末から米、英、フランスの三カ国を歴訪したが、最後の訪問国となったフランスでは、親日家のシラク大統領が、またも趣向を凝らしたもてなしで新首相を迎えた。 日仏首脳会談は七月四日の昼、エリゼ宮(仏大統領府)で行なわれた。会談後、双方合わせて十八人の出席者はアペリティフ(食前酒)に寿司のつまみで歓談した後、午餐会のため、広大な庭に臨む官邸で最も大きな広間の「祝祭の間」に場所を移した。メニューは次の通りだった。〈料理〉 海ザリガニの生姜風味 子羊の股肉の衣揚げ サラダ チーズ ババリア風チョコレートのデザート〈飲み物〉 シャトー・タルボー・カイユー・ブラン97年(白) シャトー・シュヴァル・ブラン86年(赤) シャンパン サロン・ル・メニル85年 いずれもボルドー地方のワインで、前菜の白、主菜の赤とも素晴らしいが、特にシャトー・シュヴァル・ブランはサン・テミリオン地区の特別第一級に格付けされている最高級。シャンパンも素晴らしい。元首級の国賓に対する内容といってもよく、昼のワーキングランチとしては破格のもてなしである。 注目すべきはシャトー・シュヴァル・ブラン。なぜならこれは小泉首相のためにわざわざ選ばれたからだ。小泉首相は昭和十七年(一九四二年)生まれで、干支は午年。一方のシュヴァル・ブランは訳せば白馬。午と馬をかけたのだ。エリゼ宮の儀典担当者は「駐日フランス大使館から上がってきた情報をもとに決めました。大統領もこれを了承しています」と語る。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順