アメリカは小泉首相を信じているか

執筆者:ブルース・ストークス 2001年7月号
エリア: 北米 日本

キャンプデイビッドの首脳会議は近年稀に見る成功だった。だが、アメリカ側には「改革」の先行きは不透明との声もある。[ワシントン発]キャンプデイビッドでの首脳会談に続く昼食会で、小泉首相はローラ・ブッシュ大統領夫人に向けて杯を掲げた。ブッシュ氏が大統領選を勝ち抜くことができたのは、昨年の共和党全国大会での夫人の感動的なスピーチがあればこそだった、と乾杯の辞を述べながら。 大統領は会った瞬間から首相に好印象をもっていたが、同席した人によると、この一言で、小泉氏はがっちりとブッシュ大統領の心を掴んだという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順